株式とは〜沖縄株〜

どーも。オキスケです。
今日の沖縄市は曇り空の様子です。 仕事も忙しいし、お腹も空いたし、酒も飲みたいし、なんか眠いし。
心が曇り空、、、

なんでこんなしょうもない事を書き始めたかというと、ブログを始めてみたものの、もう既に何を書こうか毎日頭を悩ますレベルに来ているので、つまりは書くことが全然浮かばないという訳です。

元々こういう事を世に送り出したいとか、考えを広めたいとか、そういう崇高な考えがあった訳ではなく、半ば勢いで作ってしまったブログの為、こうなるのは必然かもしれません。

もしかしたら副収入を目的にブログを始める人などは、この段階でつまづく人が多いかもしれないですね(^^;

私は副収入目的ではなく、自分の記録であったり、勉強の為に始めたところです。
また、投資を題材にしているのは、ブログの説明にもある通り、自分の老後や子供の教育資金の為に関心があった為です。

じゃあそれを書けばいいというのは自分でも思ってるんですが、何で書けないのかを考えてみたところ、単純に知識が全然ない事に気付きました笑

という事で、自分の勉強も兼ねて、基本的な知識を記事にする事とし、本日の内容に行き着きました。

私と同じような初心者の方に呼んでいただければ幸いです。 



株式ってそもそも何?

そもそも論から入ってみます。
株式ってそもそも何でしょう? 我々の味方Wikipedia兄さんによると、次のようです。 

株式(かぶしき)とは、株式会社における社員権のことである。

株式会社における社員権だそうです。
、、、よくわかりません。笑


他のサイトでの記述もいくつか参考にしてみます。 

・株というのは、株式会社が資金を集めるために発行するものです。
・株とは企業が事業の資金を調達するために発行している券です。

ニュアンスが全然違うような、、、
まぁでも、なんとなく言いたい事は分かった気がします。

まとめてみるとこういう事でしょうか。

株式とは、株式会社が資金を集めるために発行する証券であり、購入者は株主(出資者、オーナー)となるもの。

明確な定義があるのかは分かりませんが、大方どのようなサイトでも上記のような説明になってますので、このような理解で問題ないかと思います^^



株の歴史

株式が何なのかは少し分かりましたが、さらに熟知する為、歴史についても調べてみました。

株の始まりについては諸説があるという説明をされているサイトもありますが、ほとんどのサイトでは1602年にオランダで設立された「東インド会社」が 始まりだとされています。

いわゆる貿易会社ですね。出資者は外国貿易により得た利益を分配してもらう仕組みで、その出資がまさに株式投資のような形です。

なお、日本での初めての株式会社は1873年にできた「第一国立銀行」だそうです。その後1878年には東京と大阪に株式取引所ができているとのことです。


調べてみてわかったことは、株の歴史は古く、そして今日においても世の中に残っているということです。
それは株式という仕組みが実に優れたもので、制度として信頼できる事を証明しており、今後も存在し続けることが想像できる事から、やはり株式投資は資産形成を考える上で非常に重要であると言えるでしょう。



株式を購入するとどうなるのか。

株を買うという事は、社員権を買う事。つまりは、その会社の出資者、オーナーになるということです。(オーナーというと何かかっこいい気がするので、この呼び方で行きたいと思います笑)

オーナーになったらどうなるのか?
もちろん私たちが個人で購入する範囲では、会社の経営権を握れるような規模の大きい話ではありません。ライブドアによる日本放送の株式購入などがそのようなものですね

では、私たち個人の範囲ではどのようなメリットがあるのかというと、、、
配当金と株主優待です。
そして、株式の購入自体ではなく、株式の売買による値上がり利益、いわゆるキャピタルゲインです。    
豊かな生活、安心安全な将来のために、株式を活用し資産形成に努めていきたいものです。



沖縄の企業の株銘柄


沖縄住まいなものですから、せっかくなので沖縄の企業の株銘柄を2つほど紹介してみたいと思います。
まずはこれ。

①沖縄電力
沖縄の中での大企業です。
ここに就職したら、親やおじいちゃんおばあちゃんが泣き叫んで喜びます。(大げさ)

11月29日時点の株価は2,892円となっています。
過去10年での最低株価は2012年の800円台で、最高株価は2007年の3,200円台となっています。
 
5年スパンでみると、今年はちょうど節目の年であることから、もう少し上がって調整に入るといったタイミングでしょうか。

電力が自由化され、本土においては新しい電力会社の流入もありますが、沖縄はその立地から他県に比べて参入障壁が高く、まだまだ沖縄電力の一人勝ちの状態が続くでしょう。

沖縄株の中では今後も安定している銘柄でしょうか。


続いてはこれです。
②サンエー
沖縄の人ならみんな知っているスーパーマーケットです。
ゼルダの伝説が好きな人は、サンエーのマークを見るとトライフォースを思い浮かべるでしょう。(そんなことあるかな)

11月29日時点の株価は5,190円となっています。
過去10年での最低株価は2008年の1,100円台で、最高株価は2015年の6,500円台となっています。
 
特筆すべきは、2013年頃までは1,000円から2,000円の間を行ったり来たりしていたのですが、2013年から2015年の最高値を記録するまでの2年で、いっきに3倍に跳ね上がっています。
2013年自体が日本株の値上がりがすごい年で、沖縄の企業も例に漏れず高騰しています。

消費税増税前に各企業の設備投資が活性化する中、県内においてもイオンライカムなどを筆頭に、新しいスーパーマーケットができたり、既設の店舗においてもリニューアルがなされるなどといった動きがみられます。

そのような中、サンエーで注目なのは、宜野湾市の軍用地返還跡地の開発の話があることです。
噂によると、イオンライカムを超える規模の大型施設の構想になっているとかなっていないとか。(この情報についての保証はできませんが。)

株価のマーケット上良いタイミングでそのようなニュースが流れたら、最高値をブレイクして株価が爆上げといったこともあるかもしれません。




首都圏を除く地方では人口減少が顕著な中、沖縄はまだまだ人口増の見込みであり、特に観光産業、物流、IT関連での発展が期待されています。

沖縄銘柄についても、株価上昇の可能性がありますし、私個人としては郷土愛からもゆくゆくは株の保有を考えています。

沖縄に住んでいる私なので、現地の新鮮な情報も入ってきます。
今後も本ブログで紹介していきたいなと思います。




まとめ

色々と調べてみましたが、やはりまだまだ勉強しないといけない事が多いですね(^^;)
今後もこのような勉強記事は作成していきたいと思います。

それでは本日はこのあたりで。
次回の記事にもまためんそーれ♪