書籍紹介/知っておきたホントに大事なお金の話

どーも。オキスケです。

沖縄にもようやく寒さがやってきました(^^;
日中でも長袖を着ていないと寒いです。

ただ、この時期でも半袖で外を歩いている人がいます。
しかも、、、夜でもいます。笑

それは大体が基地で働かれている軍人の方々ですね。

私が住んでいる沖縄市には嘉手納基地があり、市域の36%は軍用地となっています。
そのため、古くは基地により経済が発展した経緯があり、現在でも空港通りと呼ばれる嘉手納基地のゲート前の通りは、外国情緒あふれる街並みになっています。

コザと呼ばれている地域なのですが、私の地元であり、ものすごく愛着があります^^
コザについては個別の記事として色々書いてみたいと思っていますので、ネタが集まったらやってみようと思います。


さて、本日はというと、タイトルにもある通り書籍の紹介をしてみたいと思います。
私が書籍の記事を上げるときは、しっかり熟読し、自信を持って人に薦めたいと思うもののみにすると決めております。

本日はコレです。

『知っておきたいホントに大事なお金の話』
honnto


この本は「これまで金融教育を受けてこなかった日本人のための、はじめてのお金の教科書」を意識して作成されたらしく、本当にわかりやすく、とても読みやすかったです。

では、具体的な内容の紹介をしていきたいと思います。



著 者

まずは著者ですが、この本を書かれた方は
"佐伯良隆"さんという方です。

学歴は、早稲田大学政治経済学部卒で、ハーバード大学経営大学院MBAだそうです。

職歴は、政府系銀行や米国投資顧問会社で金融ビジネスに携わったのち、現在は、オフィス・サエキ代表、グロービス経営大学院大学講師、吉祥寺英語教室主宰とのことです。

学歴、職歴から見てもわかるように、その道のプロですね。
知識はもちろんですが、講師として普段からご活躍されている経験がいかされているのでしょうか。
本が抜群に読みやすいです。



概 要

肝心な中身ですが、このような目次になっています。

序章 お金の「力」についての大事な話
2章 お金と「時間の関係」についての大事な話
3章 お金の「殖やし方」についての大事な話
4章 お金の「守り方」についての大事な話
5章 お金の「稼ぎ方」についての大事な話
6章 お金の「使い方」についての大事な話
7章 お金と「経済」についての大事な話
終章 お金と「幸せ」についての大事な話

 ※書籍より引用しています

「お金と「○○」についての大事な話」というフレーズで、○○の部分が具体的な内容にかかるポイントですね。

ご覧いただいて分かるようにに、難しい言葉は一切なく、ポイントについてもイメージしやすく、かつ、確かに重要な事だと共感しやすいチョイスとなっており、目次からもこの本の読みやすさが伺えると思います。

また、これは実際に購入して確認していただきたいのですが、なんていうか懐かしいです笑
今の年齢になって勉強するのが楽しくなってきた私には、このデザインがグッときます笑



本書の最初の説明にも書かれていたのですが、この本はノウハウ本ではなく、また、流行りのトピックを抑えるようなトレンド本でもありません。

お金についての歴史から、お金が持つ力、リスクとリターンについての金融的な観点からの解説、預金・株式・債権など投資項目、リスクの分散方法、時間の使い方、マイホームの購入について、金融商品(保険など)の話、インフレ・デフレについて、円安・円高などなど

義務教育課程ではしっかりと習うことのないお金について勉強をする書籍であると言えます。



個人的な感想

個人的にヒットした内容を紹介します♪


①お金の現在価値について
今の100万円と1年後の100万円って同じ価値なのか。。
まぁ、同じですよね笑

いや、、、違うんですよ。

1年後の100万円は経済学でいう機会費用が差し引かれるので、実は価値が違うんです。

らしいです。
教えてもらわないと絶対分からないと思います。笑
しかし、なるほどな~と思う内容です。


②リスクとリターンについて
リスクとリターンって何でしょう?
一般的なイメージだと、

リスク →危険的なもの
リターン→収益

専門的にいうと、
リスク →収益の変動性
リターン→期待収益


だそうです。
このような考えをもつと、色々と見方が変わってくると思います。
また、リスクはダメなものではなく、必要なものだと気づきます。


③かわいいお金には旅をさせろ
資産がある一国に偏ることをカントリーリスクといいいます。
日本人は日本に対して信頼をしていて、国内の預金に集中しているそうです。
しかし、日本に何かあったときには被害が大きくなってしまいます。

また、日本の経済活動の規模は、2012年世界銀行データによると世界のわずか8%だそうです。
その規模からいっても、国内だけに投資するのは、まるで重箱の隅をつついて投資するようなものだと書かれていました。

まさにそうだと感じました。


④マイホーム・住宅ローンの話
これは実際に読んでみてください笑
私は衝撃を受けました(^^;

家、どうしよう、、、笑



終わりに

書籍紹介の第1弾でした^^

私はいろいろな投資家の先輩方のブログを拝見させていただいているのですが、「知っておきたいホントに大事なお金の話」は、色々な方がオススメしております。

初心者向けという説明も多かった為、今回読んで見たのですが、投資をスタートしたばかりの私にはとても参考になりました!

また、自分だけではなく、子供たちがもう少し大きくなったら読ませたい本だとも思いました。


ぜひ皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこのあたりで。
次回の記事にもめんそーれ♪